最近の鑑定傾向と当所の考え方

著者:貴喜

最近の鑑定傾向と当所の考え方

ここ最近の鑑定の傾向としまして、激変する時代・過渡期ゆえに、安全性・セキュリティ面でエラーがかかっている方が非常に多い様に感じます。

リピート頂いているご依頼者は既にご存知の通り、(霊感がある方やセンサーが発達している方は)それらに対してそれぞれ固有の反応の仕方をされています。

当面の間は、その反応をリセットする様に原因調査と対処で都度追いつきながら、滑り落ちない様にコンディションを整えてもらうことが最善だろうと思っています。

時代の常識は急速に変わっていますので、何かでおいてきぼりになればなるほど、生きるリスクは上がります。

ハンコ基本廃止やマイナンバーと免許NOの紐付け、保険証や銀行口座なども間も無く繋げられることでしょう。溢れていた訪日外国人も絶えて、街の空気も波長も環境も激変しました。

つまりそれだけ霊感・センサー感度が高い人は、元来、間違った選択をすると(からだに否が応でも)お知らせが来るわけで、今は特に連続した正しい判断、選択を求められている時代になったとも言えます。

当所では色々な新しい傾向と分析に連日多忙な日々を送っていますが、正しくフィードバックできる様にこれまでにも増して研究を深め、どの様なご依頼内容に対しても極力対応できるように心がけています。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!