節目の伝統行事は心から行うのが大吉

投稿者:貴喜

節目の伝統行事は心から行うのが大吉

記念行事は大事ですよ〜

2/3は何の日・・・節分
3/3は何の日・・・ひな祭り
5/5は何の日・・・子供の日

1年の序盤だけでもこのような年中行事があります。みなさん、日本に住んでいたら絶対知っていると思います。

一年の間にはこのような行事が月に1度程度はあります。

ただ、現在は年中行事に対してあまりされないご家庭も増えてきているのではないでしょうか。ひな壇も飾らずに、鯉のぼりって何?って家もあると思います。まあ時代の流れと言いますが、お正月の車のナンバーにつけるしめ縄もいつの間にか全滅気味ではありますが、こういった日本の伝統というのは出来るだけやっておいたほうが良いのです。


別に、伝統を守りなさいって言っているわけではありません。
日本にいるからには・・・って強制するわけでもありません。

ただ、例えば今日3/3のひな祭りなどの唄を心をこめてうたうだけでも良いのです。ひな壇などの形式的なものも別に要りません。

そうすることでその家にはもうすごい運気が来ます。又、悪いものも寄りにくくなります。

これは、霊視×フリハ調査でももちろん調べたし、霊的に寄ってきていた悪いものが去っていくのも確認しました。きちんと意味があるのですね。表と裏で。これらを普通に行うことが本当の招福であり、魔除け、開運でもあります。
ej094_l

《ご参考》

(1) あかりをつけましょ ぼんぼりに   お花をあげましょ 桃の花   五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り


(2) お内裏様(ダイリサマ)と おひな様   二人ならんで すまし顔   お嫁にいらした ねえさまに
よく似た官女(カンジョ)の 白い顔

(3) 金のびょうぶに うつる灯(ヒ)を   かすかにゆする 春の風   すこし白酒(シロザケ) めされたか  
 赤いお顔の 右大臣(ウダイジン)

(4) 着物をきかえて 帯しめて   今日はわたしも はれ姿   春のやよいの このよき日   なによりうれしい ひな祭り 

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!