霊視&フリハ調査で人探し・物探し

投稿者:貴喜

霊視&フリハ調査で人探し・物探し

人探し・物探し

TVでたまーにしています。ロシアかイギリスだかから超能力者を連れてきて、失踪したり誘拐された女性を探し出せ!って特番を。

3時間くらいかかって結局、最近までの痕跡やいいところまでわかるのだけど結局わからない。

そこには霊視から発達させてきた人たちが陥る”ある壁”があるのだと推測します。

まああれの一つのやり方としてダウジングをしているわけです。あるシーンでは外で大きな振り子をぶら下げてしてるでしょう。

霊視だけじゃあ方角やはっきりしたYES・NOがわからないからダウジングをしている。霊視と組み合わせてしている。やっていることは私と少し似ている。ただ発達させてきた分野が違う。

一方時々ですがお問い合わせの電話をいただく中で、物探しの相談を持ちかけられることがたまーにあります。

けれど私の霊視やフリハはそっちの分野はプライベートですることはあっても、基本的には人間関係、肌、健康(病気)、霊、石の分野に限ってしているのでお断りしています。

失踪した人探しはモラル的にも技術的にもよりシビアな対応が求められると思っています。そうなったのはあなたの歴史・責任でしょうと言う場合は、そうなるべくしてそうなったという場合など。そう仕向けた存在に筋が通っている場合など。いたずら半分に見つけ出すのは、ババ抜きでババをひかされるようなものですから。

著者について

貴喜 administrator

霊視×フリハ調査を通して、ご依頼者それぞれが必要としている特別な”こと”と”もの”を提供しています。

error: Content is protected !!